お宝本舗 ブログ                              リサイクル 不用品処分 骨董品 豊島区

古い物大歓迎

散るのを忘れていた桜の花びらが何枚か、風に舞う今日の午後。
どこか西の方では、早くも真夏日の便り。
そんな晩春の午後、久しぶりに青梅へ。
こちらには懇意にしているお客様がいらして、ご自分の都合でお声がかかります。
今日の朝のお電話でした。
圏央道から垣間見える富士が見たいのもあり、車を西へ。
あいにくの空で、富士には会えませんでしたが、圏央道の青梅出口からこちらまでの、20分足らずのドライブが私は気に入ってます。
今だと、やはり散り忘れた梅の花、初夏を迎えようとする木々の緑。
昔の市場町、街道の名残。なんともいえぬのどかさを感じさせてくれます。
梅の木立の奥に、かなり広めの納屋が有りまして、その中のお荷物を整理なさってる老夫婦のH様宅です。
お歳に合わせて、いつも少しづつの品物を頂いて居ります。
お歳の割にはピンと張った背筋の旦那様、ちょっと腰の曲がった小柄な奥様。
今日は古い行李の中からという着物を少々。
絣の作務衣、甚平、一番気に入ったのは紺のもんぺでした。
帰り際に、縁側で頂いた緑の狭山茶。香の中に、鶯のさえずりが溶け込んで、格別のひと時でした。
お宝本舗一閃堂では皆様のお宝、大切にいたします。
どんな物でもお気軽にお電話を 0120-155-085まで


posted by maruki at 23:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷の榧の木。

田園調布、いつもの静かな街並み。午後の公園には白い子犬が二匹。
緑豊かな公園を右に見て、ゆるやかな下り坂を多摩川方面へ。
本堂の屋根をたよりに、着いて観ると、かなり大きな古い寺。
よくお世話になるリフォーム会社の社長からの知らせ、「古いお寺がリフォームを。」
約束の時間より早く到着した私。カメラ片手に境内へ。
今まで幾度かお寺さんの品物買わせていただきました。
無造作に出される品物を見ては、その度、ただ垂涎の私でした。
静かな境内の落ち葉を踏みしめながら、今回も私の胸は静かな高まりを。
高まりながら写した境内内の巨大な榧の木。
かや.JPG
結局今回は本当のリフォームだけで、出された物は本当に古い冷蔵庫、からの本箱等。
リフォームやさんの「すいませんでしたー。」の声を背に、秋の空に覆われた多摩川の向こうに沈む真っ赤な夕陽を眺めながら、秋の世田谷をあとにしました。
明日は千葉の鴨川に呼ばれてます。
どんなお宝に会えるやら。
古い物、どんな物でもお電話ください。0120-155-085
私がお邪魔いたします。
posted by maruki at 01:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真っ赤なお鍋 キューピー印

昭和48年の新聞紙に包まれてました。
今は無き、キューピー印のアルミ鍋です。
元、鍋屋さんの倉庫から大量の鍋が出てきました。
その中の一つです。
私の子供の頃、真っ赤なアルミの蓋をあけると、そこにはいつも油揚げと豆腐の味噌汁でした。
何個か店に並べると、「わぁーっ 懐かしい。 可愛いー。」で、旅立ちました。
本当は他の物に旅立ってほしいのに。
nabe.JPG
買入れ本舗一閃堂では、所謂、古美術骨董のお宝本は勿論、このように歴史の荒波を越えてきた珍しい物を探してます。
高値で買い取らさせて頂きます。
お電話ください。0120-155-085
posted by maruki at 00:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死んだ友より。

IMG_0763.JPG
朝、息子から電話が有りました。
「Mさんが死んだそうです。急性心不全で。」
知り合って20年になる私の一回り下の男です。
しばらくは顔を見ることも少なくなり、糖尿の経過が気になっては居ました。
何気なく手にした古い手帳に、彼の記述がありました。
こんなに早く、思い出になるとは夢にも思っておりませんでした。
その中に、このブログのアドレス、パスワードが有りました。
彼の関係で本ブログを開設しましたが、どこを探してもここにたどり着けませんでした。
彼の最後のメッセージかも知れません。
大切にしたいと思います。有難う、M君。合掌。
写真は彼が好きだった場所の夕景。
posted by maruki at 14:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南青山のマンドリン

CIMG1195.JPG今日は寒空の中、南青山のT様のお宅の不用品の処分の見積に行って参りました。見積だけでは寂しいので無理していただいてきたのがこのマンドリンです。
posted by maruki at 21:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国屏風。

CIMG1197.JPG
高さ約2m6幅の中国屏風。
目白にお住まいのT様の持ち物です。
どなたかほしい方探してます。
宜しくお願いいたします。
posted by maruki at 23:58 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨董品 豊島区 で地図に出ています。

kaiiremap.JPG
posted by maruki at 22:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リサイクル 豊島区 庭の隅の百日紅。

リサイクル 豊島区 庭の隅の百日紅。

http://www.kaiire.com/

リサイクルショップ 買い入れどっとこむ

TEL 0120−5394−55 豊島区「千川駅」徒歩1分。


買い入れどっとこむは東京都内の不用品の出張買取、不用品の回収を行ってます。

当店のホームページは次の通りです。
→買入れどっとこむ  http://www.kaiire.com/

電話が入りました。

「明日から解体に入るから今日中に来れば何か有るかも」
御両名とも建替えのため、家財の整理です。うらやましい限りです。
私はこういう時、明日は廃材となる家具、備品、小物たちの中から、必死で拾い集めます。
私の助けを待っているもの達を。
今日の暑さです。作業はかなりハードでもあります。
両家とも、築4,5十年、そんなに古めのものは残っていませんでした。
偶々両家から、古い照明のかわいいホヤをゲットできました。
あとは少々痛んだ昭和の小引き出し、染付けの火鉢、小枠の欄間、古書少々などが
私に、助けられたもの達です。
残念なのは、あとからお邪魔したW様の庭の片隅で、可憐な花を咲かせていた百日紅の木を、どうにも出来なかったことです。
いつもこういう場面を写真でアップしようと思っているんですが、ついつい忘れる私。
解体屋さんにお任せするそうです。
帰りの夕、碧い夏空に広がる積乱雲の隙間から、かすかに秋が見えるような、そんな、チョット寂しい夏の一日でした。
posted by maruki at 23:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かいいれどっとこむ リサイクルショップ 豊島区

かいいれどっとこむ リサイクルショップ 豊島区

あの暑さは何処へやら、街には冬の風。

買入れどっとこむにお声を掛けてくださいました、たくさんの方々、誠に有難うございました。
着物、帯、和太鼓を頂いた、西新宿のN様、和本、古書、錦絵等を頂きました南青山のT様、ブランドの洋服、バカラのキャンドルスタンド、コペンハーゲンのコンポート等を快くお譲り頂いた、赤坂のS様、又、目白のK様から頂いた12代今右衛門の酒器揃は猪口がひとつ掛けていて無念さいっぱいでお店のケースに収めました。また遅くまでお見積でお邪魔しましたた高田馬場のK様。
当店は皆様との出会いを大切に、出会った品物全ての生命をもう一度という気持ちを大切に、これからも一歩づつ前に進もうと思っております。
今後とも皆様のアクセスお待ちいたしております。

posted by maruki at 19:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かいいれどっとこむ リサイクル 豊島区

かいいれどっとこむ リサイクル 豊島区

お問い合わせは、
フリーダイヤル 【0120-5394-55】 又は、
FAX       【050-2012-1488】まで!

http://www.kaiire.com/


買入れどっとこむは東京都内の不用品の出張買取及び、不用品の処分を行っております。当店のホームページは次の通りです

所沢のK様
四番町のN様
小石川のN様
赤坂のS様
北大塚の介護ホームの皆様方
箪笥町のO様
関口のM様
要町のO様、F様
その他大勢の皆様、アクセスいただきまして誠にありがとうございました。
途中でパソコンの調子が悪く、メールでの対応にご迷惑を掛けてしまいました方々、申し訳ありませんでした。

当店は今月も一歩づつ前に進みたいと思っております。

御家庭、事業所内にある不用品の売却、処分の場合には是非、買入れどっとこむをご利用下さい。
posted by maruki at 19:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。